管理人のプロフィール

Pocket

初めまして、みっきーと申します。

ブログを訪れて頂いたあなたに私の人となりを知っていただく為に、詳細なプロフィールページを設けました。

私は、世間でいう、ゆとり世代の1人として、東京都に生まれました。

ビジネス系のブログだと、ここで、「実家が信じられないくらい貧乏で…」、という話が多いのですが、我が家は幸いな事に、経済的には中の上位の家庭でした。

その後、小学校に進むと、初恋を経験します。隣のマンションに住んでいた女の子で、可愛らしい女の子でした。とあるバレンタインの頃、お互い両想いであることが判明しました。当時の私は人生で初めての恋に舞い上がっていました。
しかし…。その幸せも束の間、4月に転向して来た男の子にその女の子は釘付けになり、あっという間に奪われてしまったのです。哀しい9歳の失恋でした。
その後、勉強ができて、そこそこスポーツが出来るというポジションにいた私は、幸いにも好きだと言ってくれる女の子が何人か現れました。しかし、それは「なぜ好きじゃ無い女の子には好かれて、自分が好きな女の子は他の男の子が好きなんだろう」という悩みの始まりでした。
結局、悩みは解決しないまま、小学校は終わりました。

当時の私は、

みっきー
中学校で彼女を作るぞ!

と燃えていたものです。

しかし、そんな私を悲劇が襲います。私が進学したのは男子校だったのです…。しかも、高校附属です。

みっきー
私の青春は終わった…。
そう思いました。

男子校の宿命として、彼女を作るには合コンに参加するかナンパをするしかないのです!

みっきー
よっしゃー!それなら、積極的に彼女を作りに行くぞ!

っと思っていた私に、人生最大の悲劇が襲います。

詳しい原因はなんだか忘れましたが、ある日、親友と些細なことで揉めたことがありまして、そのストレスから、上手く声が出なくなってしまったのです。

のちにこれは吃音症という病気であることが判明するのですが、それからの毎日はまさに地獄でした。レストランで食べたいものの注文ができない。電話はかけられない。授業中に当てられても答えられない(答えはわかっているのに!!)。また、授業中の本読みなんかは地獄です。だって、読もうとしても声が出ず、周りからは「ひらがなが読めないバカ」と思われてしまうのです。まさに、公開処刑でした。

そんなわけで、中学校時代は恋愛どころではなくなり、生きていくのに必死でした。

吃音症は通常、幼少期に発症することが一般的なので、詳しい方は疑問に思われたかもしれませんが、私のようなケースもあるようです。

高校生になった私は、相変わらず吃音に苦しんでいましたが、段々対処法にも慣れ、日常生活には支障は無くなっていました。しかし、現代の医学では治療できないことを知り、将来への不安に襲われていました。

そんな中、転機が訪れます。仲の良い友達から、女子高に通う女友達を紹介してもらったのです。その子に初めて会った時のことは今でも覚えていますが、9歳の時の隣のマンションの子以来の衝撃でした!一目ぼれです。恋愛経験がロクに無かった私でしたが、猛アタックの末、なんとか付き合うことができました。その子との日々は楽しく、全てが輝いて見えました。思えば、私が唱える人生における女性の大切さはここが原点かもしれません。

その後、受験に追われる日々の中、進学校に通っていた私は、彼女とは自然消滅してしまいます。が、そこまでして勉強に打ち込んだ結果、念願の私大に入ることができました。

私の通っていた大学は、男子より女子が少し多く、またかわいい女子が多いと言われている大学でした。

みっきー
よし!とびきり可愛い彼女を作るぞ!!

そう燃えていた私でしたが、環境が変わったせいか、吃音症が酷くなってしまいました。

数年後に就職活動を控えていた私は、辛い・・・、どうにかしたい・・・。という必死の思いでいましたが、そこで運命の出会いを果たします。

それは、インターネットのみで発売されていた吃音症を治療するマニュアルでした。PDFと動画で2万円弱のこの商品にお金のない学生としては躊躇しましたが、わらにもすがる思いで、購入しました。

結果は、本物でした。

そのマニュアルに沿って、簡単な作業をこなすだけでたちまち、吃音症が克服できたのです!

それだけではありません。このマニュアルは、自分のセルフイメージを高める練習を重ねる必要があったので、自分に自信が持てた結果、人並み以上に恋愛をすることができるようになりました。

その後の大学生活は可愛い彼女もできて、人並み以上にハッピーに過ごせましたし、就職活動も上手くいきました。

その後、大学を卒業し、社会人になった私は、アフター6を全て捧げるほど、合コンや異業種交流パーティーに精を出していました。しかし、それなりに恋愛経験が備わった私に小学校以来となる「なぜ好きじゃ無い女の子には好かれて、自分が好きな女の子は他の男の子が好きなんだろう」という悩みが降りかかってきました。

そこで、

みっきー
もっとモテる男になりたい!

と思った私は、吃音症を克服したときに様なマニュアルが、恋愛にもあるのではないかと思い、探しました。

すると、めちゃくちゃいっぱいありました。そこで、当時は若かったので、対して給料も貰ってませんでしたが、なけなしの給料の殆どを、恋愛マニュアルと呼ばれる物に捧げました。

買った恋愛マニュアルは総額100万以上になると思います。中には、詐欺みたいな教材もいっぱいありました。

しかし、その自己投資の効果は絶大でした

それまで出会ったこともないような可愛い女の子とお付き合い出来るようになりましたし、彼氏がいる女の子を口説き落とすことも出来るようになりました。大げさじゃなく、人生において女性関係の悩みがなくなったと思います。これも全て、恋愛マニュアルで得た、上質な情報のお陰です。

そこで、私は次の段階として、私のような幸せな男性を増やせないものかと考えました。そう、このブログを読んでくれているあなたのような人です。真剣に自分を変えようとしている、一生懸命な人を応援したいのです。

恋愛マニュアルを通して勉強しているころ、様々なオフ会などにも参加し、そこでは恋愛カウンセラーや恋愛のカリスマと呼ばれる人と数多く出会いました。しかし、中には悪い奴がいるもので、モテることを良いことに平気で女性を傷つけるやつがいました。私はそれに心を痛めましたが、「ちょっと悪い奴ほど女性にモテている」のは残念ながら事実です。

「とても優しくて良い奴だけど、女性にあまりモテない」こんな人、多いですよね。でも、私は、優しくて女性を大切にする男にこそ、モテてほしいと心から思っています。そして、そんな男性が増えることこそ、多くの女性を幸せにすることだと考えました。

最初は知り合い限定で恋愛カウンセラーを始めましたが、私の知識を少し伝授するだけで、みんなが望んでいた結果が得られるようになりました。そこで、もっと多くの人に幸せを掴んで貰いたい!という思いから、このブログを始めました。

また、インターネット上には数多くの恋愛情報を発信しているサイトがありますが、そこに出てくる”モテる人”って、なんか正直、初めからイケメンで生まれつきモテてたんじゃないか?みたいな方が多くないですか?

なので、このブログでは、本当に誰でも恋愛力が向上できるように、私が様々な恋愛マニュアルや自信の経験で得た知識を、誰でも再現できるように発信していきたいと考えています。

みっきー
長い間お付き合いいただき、ありがとうございました!

今後とも、末永くよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

(name)みっきー (出身)東京都 (趣味) サッカー、アメフト、海外旅行 (愛犬) 柴犬 (経歴)恋愛カウンセラー。 元々、男子校育ちの人見知りで、 あまりモテる方ではなかったが、述べ数百万円以上投資し、恋愛ノウハウを学んだ結果、恋愛に関して殆ど思い通りの人生を過ごせている。 多くの人に、自分と同じ体験をして欲しいという思いから、このブログを始めました。